ニュースフィード

2910月

病院の記録です

患者さんは23歳 身長は165センチ

所在地 :アルメニア

大腿骨下腿骨同時交差延長

手術前

第一手術: イリザロフ法を用いて左足の下腿と右足の大腿にフレイム、そして両足の骨髄内にワイヤーを挿入する。

新たに形成された骨

コンピュターのトモグラフィ

 

延長終了後

二か月間の関節の可動域の回復や自立歩行のためのリハビリテーションによる右の下腿と 左の大腿の向上成果

結果: 身長は16cm延び、二回にわたる延長期間やリハビリ期間は合計で16ヶ月である。