大腿骨下腿骨同時交差延長

この手術は目標となる延長量が6~7cm以上の時に用います。そしてこの手術は二回の手術を必要とします。なぜなら例えもし貴方が下腿骨を同時延長したとしたら、治療期間中、貴方は快適に過ごせるでしょう。しかし大腿骨を同時延長した場合、かなり不快的な状態になり、ほとんど生活が困難になってしまいます。なのではじめの手術で片方の下腿と逆の大腿、二番目の手術ではその逆といった方法をとっています。 一回目の手術と二回目の手術の間の期間は必ずリハビリが必要であり90度以上の膝の屈伸と足の背屈が可能となりしだい第二手術へと移ります。YCLLR-cross-lateral-tibia-femur-lengthening-CLTFL-Ilizarov-method-armenia