ピンのケア(感染予防)

たびたび起こる合併症の一つに骨接合術、骨穿通結紮によるワイヤーやピンからの感染があります。この問題は治療期間中に悪影響を及ぼし、ピンの辺りの傷口の組織を広げてしまいます。私達は抗生物質とガーゼで傷口を覆うことによって感染を予防しています。例えこの取り組みが難しくコスト高になろうとも、それを優先的に行います。患者のシャワー後にも必ず行い感染率を極力下げています。

こちらのビデオは我々のピンのケアについて説明しています。どうぞご覧ください。