ロッド挿入延長手術

この手術は新しい方法の手術でロッドを骨髄内へ挿入し延長していきます。だいたい手術の五日後以降に脚が楽になり始めます。骨の切断部が目標の延長量に達成しX線にて骨の形成が十分に治り次第、二番目の手術に移ります。 二番目の手術はロッドとねじを固定しフレイムだけを取り外します。 そして骨の形成が全癒した時にロッドを取り外します。これが三度目の手術です。 この手術の利点は外部のフレイムを他の手術より早く取り除けることと、より快適に治療期間中生活できるところです。 デメリットは、技術的に難しいところと感染の可能性が高くなること、そして手術を三度行わなければならないところです。
LON-Tibias-Lengthening     LON_cross-lateral-tibia-femur-lengthening