ニュースフィード

286月

イリザロフ延長手術に関するQ&A10

この質問に関する回答はYerevan Center of Limb Lengthening and Reconstructionの課長であり、手術担当医であるArshak E. Mirzoyan医師によって提供されています。

1. イリザロフ延長手術とはどのようなものですか

小さな切開部から骨を切断し、デバイスを四肢に適用します。外部固定具、外部固定具と爪(LON)の組み合わせで行われるか、最近開発された伸縮自在伸縮ロッドを使用して行われます。

装置によって徐々に破片を引き離し、新しい骨(カルス)が形成されます。骨や軟部組織は自然の成長に非常に近い緊張の下で成長することが科学的に証明されており、それにしたがって高さを増加させ、脛骨 – 大腿骨を延長する方法です。

2. 四肢の延長手術には痛みは伴いますか?

はい、ある程度の痛みは伴います。
手術自体は全身麻酔によって行われますので痛みを感じる事はありませんが、手術後、足を固定して延長する期間と理学療法の過程で痛みを伴います。この痛みの度合いは個人によって異なりますが、鎮痛剤によってある程度痛みを抑えることは可能です。

3. ピルやエクササイズを使って身長を上げることは可能ですか?

いいえ。
整体などで一時的に強制することは可能かもしれませんが、永続的に数センチもの延長をするのは出来ません。 唯一の方法は延長手術だけです。

4. イリザロフ延長手術にもいくつか種類がると聞きましたが、一番効果的な方法はどれですか。

たしかにイリザロフ延長手術は何種類かの方法があります。それぞれの方法には長所と短所があり、適合性、期間、価格、合併症率などが異なります。

利用可能なすべての方法を患者さんと話し合ってから決めますので、お気軽にご相談下さい。

5. どのくらいの費用が掛かりますか?

費用は手術方法によって異なります。YCLLRで両足の延長手術を行う場合、1センチあたり2000ドルになります。(手術方法によって異なります、ご確認下さい)この金額には、医療費と手術後5日間病院での入院費用と理学療法含まれています。(なお5日間の入院後、アパートに移り、治療、リハビリなどが行われますが、ここで の滞在費、通訳、食事などすべてのサービスを含む滞在費に関しては文末のサイトをご覧ください。

6. 脚のどの部分を伸ばすことができますか。どれほど身長を高くすることができますか。

この点に関しては、ご相談いただく時点で患者様ご自身の写真を送って頂き、先生が手足のバランスから脛骨だけ、大腿骨だけ、又両方延長するなど状況に応じてお答え致します。Q6でも回答した通り、各患者様に対して一番バランス良く延長出来る最大の長さを先生が判断致します。 その上で患者様のご希望もお聞きした上で何センチ伸ばすかを決める形になります。 なおYCLLRでイリザロフ延長手術によって行われた最大の長は16cmです。

7. 手術から退院までどのくらいの期間が掛かりますか?

イリザロフ法の場合、治療期間は1cm当たり1か月を見ていますが、LON法という手術で行った場合、イリザロフ法で行う場合の約半分の期間を見ています。ただし、患者様によって期間は若干異なります。

8. イリザロフ延長手術は危険ですか?

いいえ、危険な手術ではありませんが、やはり手術において様々な合併症が起こりうるの可能があります。しかし、医師の指示に従い、理学療法士に協力する患者様の場合、合併症の可能性は最小限に抑える事が出来ます。

9. 脚伸長手術は先進国で一般的に行われているものでしょうか?

脚伸長手術は特定の装置が必要であり、訓練された医師が行う必要があります。そして合併症の対処方法も習得している必要がある為、医療後進国、ならびに技術、経験のない国、医療機関ではお勧めする事は出来ません。治療を行う前に、その医療機関が信頼できるか十分に調べる事をお勧めします。

10. 手術後、治療期間の延長や治療後の患者の身体活動はどうですか?   


最初のステップとして、松葉杖や歩行器などを使い、理学療法士の指導を受けながらリハビリします。手術日の翌日には行えます。5~7日目、身体活動が活発になった頃、10mほど歩けるようになります。その後外来治療に切り替わり、リハビリを行います。退院後、しばらくの間は身体活動を制限することをお勧めしますが、2~3ヶ月後には制限は必要ありません。

重要:医師の指示通りにリハビリなど積極的に行う患者様が早く退院する傾向にあります。

海外での治療に不安を感じる事と思いますが、まずお気軽にお問い合わせください。

すべて日本語で対応可能です。

皆様のお手伝いが出来れば幸いです。